View Single Post
Old 10-22-2011, 01:29 AM   #8
Peter Goldsbury
  AikiWeb Forums Contributing Member
 
Peter Goldsbury's Avatar
Dojo: Hiroshima Kokusai Dojo
Location: Hiroshima, Japan
Join Date: Jul 2001
Posts: 2,004
Japan
Offline
Re: Transmission, Inheritance, Emulation 21

Hello Fred,

Here is the full quotation from pp. 44-45 of Kisshomaru's biography, which was translated in four lines of English.

 紀州・和歌山県が生んだ不世出の大学者、南方熊楠(一八六七〜一九四一)の『履暦書』と題する一文に、つぎのような記述がある。
「かくて二年余り那智にありてのち、当地にもと和歌山中学にありし日の旧友喜多幅と申す人、医術をもって全盛すときき、昔の話をせん当田辺町へ来り、それにより至って人気 よろしく物価安く静かにあい、風景気候はよし、そのまま当町にすみ二十年の久しき夏の冬をおくりぬ。独身にては不自由ゆえ、右喜多幅の媒介で娶る。(中略)妻は当地の閾鶏 神社とて、昔源平の合戦に熊野別当堪増がこの社で神楽を奏し、赤白の鶏を閾わせしに、白ことごとく勝ちしゆえ、源氏に味方して壇の浦に平氏を殄滅せしと申す、その社の維新 後初めての社主の第四女なり」
 熊楠は和歌山市に生まれ、大学予備門(旧制一高の前身)を中退して渡米数年、さらに渡英九年と留学し、民族学、考証学、文献学などを修めた。帰国後、心身の疲れをいやす べく故郷の熊野の那智山にこもるうち、たまたま植物学に興味をそそられて深入りをし、菌類および粘菌の研究にかけては世界屈指の業績をあげた。柳田国男との交遊は、周知の ところである。
 博覧強記、学識はあらゆる文野におよんだが、同時に、日ごろは人前でもふんどしひとすの素裸でゆ解決に尽力する熱血直情士でもあった。
 その熊楠ほどの人物が、「至って人気よろしく物価安く静かにあい、風景気候はよし」と腰をすえ、終生ここを離れなかった田辺こそ、じつに開祖出生の地であっ たのである。
 のちに、開祖は、軍隊復員後の一時期、この十六歳年長の大学者の天衣無縫かつ正義感横溢の人柄に私淑した。そして、たとえばときの政府の神社合祀策に対する運動には、熊 楠にしたがって大奮闘したりしたわじぇだが、くわしくはまた別にふれることとする。

Notice that the term Kisshomaru uses for Minakata's relationship with Yanagita is 交遊 kouyuu. In the revised Nelson, this is simply defined as ‘friendship', but the Koujien is more expansive: 交わりあそぶこと。交際, which itself is defined as: つきあい。まじわい。

Best wishes,

PAG

P A Goldsbury
_______________________
Hiroshima, Japan
  Reply With Quote